TOP / 特集一覧 /  / 【コラム】感染対策ソリューション

【コラム】感染対策ソリューション

コラム/座談会 2020.01.16

元病院看護師が書く製品コラム


新しい汚物処理方法

~紙製汚物処理容器とマセレーター~






汚物処理業務に苦戦した過去…



突然ですが、みなさんは汚物処理業務で困ったことはありませんか?


…私はあります!


リユース製の尿器を汚物槽に捨てる時、意味が無いとわかっていても「自分にかからないように……」と、このような姿勢で処理をしていました。


汚物流しへの破棄


気をつけていても、破棄する工程があるというだけで知らない間に自分に飛び跳ねてきていることがしばしば…





目に見えるものであれば、気付いた時に洗えばいいですが、気付けないことが多いので、知らない間に自分が交差感染の原因になっているかもしれない……そう思うとついつい神経質になってしまいますよね。





また、飛び跳ねの問題だけではなく、排泄介助が増加する時間帯では病棟ストック分だけでは尿器や便器が足りなくなることもあるのではないでしょうか?


リユース品がない


洗浄が終わっていないのに、患者様からのナースコールは鳴り止まず……代用品を用意しようにも手が回らず……





ようやく洗浄が終わって患者様の元をたずねると乾燥する時間がなかったために「これ洗ってる?濡れてるけど誰か使ったあと?」と言われてしまっていることを見たこともあります。


濡れたまま


感染の危険が潜んでいることは十分わかっていても、多忙なあまり手が回らない、規定通り十分な対応や洗浄が行えない、優先順位を考えると対応策を後回しにしてしまう…。


私の勤務していた病院でも日々の業務に追われてしまい、見られているときだけ、注意されたときだけ気にかけて、その後また他の業務に追われると汚物処理関係の問題はどんどん後回しにされている印象がありました。





交差感染





ルーチン業務以外にも、あれもこれも…な看護師の仕事って本当に大変ですよね





その後、私は現場を離れ、縁あって松吉医科器械に入職。

    

そこで紹介されたのが…





紙製の汚物処理容器


紙製の汚物処理容器でした。





正直最初は、初めて見る製品に対し、疑うことしかできませんでした。


疑う


しかし、見たことないのもそのはず……


日本では、まだほとんど使用されていないものたちだったからです。





今回の特集は、「元病院看護師も驚愕!汚物処理の新革命!」をお伝えさせていただきます。



▲ページ上部へ戻る



紙製汚物処理容器とは?


  1. 再生パルプ製素材   
  2.     

    一度使われた紙を溶解し、再生パルプとして尿器や便器の形に再形成している「使い捨て(ディスポーザブル)容器」です。使い捨て使用であるため、物品を介した交差感染のリスクを防止できます。また、再生紙なので環境に優しいエコな素材となっています。


    再生パルプ製





  3. 約5時間の耐水性   
  4.     

    耐水時間は約5時間。製造元の試験と定期的な社内試験によって、品質管理が行われています。


    耐水性



        

  5. 紙製汚物処理容器の廃棄方法   
  6.     

    廃棄方法は、ゴミとして廃棄処理する方法と、専用粉砕機「マセレーター」を使用し汚物が入ったままの状態で下水へ流す方法の2パターンから、病院・施設様の状況に合わせてお選びいただけます。



    ▼使用後、ゴミとして廃棄処理

    【紙製品】ゴミ廃棄



    ▼使用後、専用粉砕機「マセレーター」で粉砕処理

    【紙製品】マセレーター



▲ページ上部へ戻る



紙製汚物処理容器のメリットは?


  • 物品を介した交差感染を防止

  • リユース製の容器の使用では、洗い残しが存在することで、せっかく洗浄したはずの容器でも交差感染の原因となる可能性がありました。



    ▼用手洗浄や機械洗浄での「洗い残し」が原因となった交差感染のイメージ

    交差感染





    しかし、洗浄の必要がない紙製汚物処理容器では、このような心配をなくすことができます。





  • 洗浄待ちの使用済み容器を解消

  • 用手洗浄でも、機械洗浄でも、一度に洗浄できる量には限りがあり、朝の清潔ケア時や、患者様の排泄介助が増える時間帯には洗浄待ちの物品で汚物処理室が大変なことに…という場面を見たことがあります。


    洗浄待ち


    汚染されたままの容器が放置されることで、洗浄後の清潔な物品を汚染してしまう危険性や、タンパク質の凝固により洗い残しが助長されるなどの危険性は存在しますが、使用後すぐに破棄できる紙製汚物処理容器ではこれらのリスクを解消することができます。





  • 様々な物品から移行できる多様性

  • 現在病院様でお使いのプラスチック製リユース容器の代用品を数種類の紙製汚物処理容器の中からお選びいただけます。


    交差感染


    交差感染


    交差感染





  • 既存製品との互換性

  • 既存の製品との組み合わせで、洗浄の手間を軽減することもできます。


    交差感染








    シングルユース便器は、アロン化成株式会社の大人気ポータブルトイレ「安寿」にも、しっかりと組み合わせることができます。


    交差感染





    もう「バケツの洗浄」は必要ありません。ディスポバケツを使う、新しいポータブルトイレの使い方です。

    感染防止に貢献し、作業時間の短縮に貢献できます。きっと皆様のお力になれると思います。





    英国




▲ページ上部へ戻る



マセレーターとは?


紙製の汚物処理容器を廃棄するための専用粉砕機です。

見た目は洗濯機のようですが、内部はミキサーのような構造になっていて、イメージは「紙をミキサーで粉砕してくれるトイレ」のようなものです。


従来





使用方法はとてもシンプル。患者様が使用した容器を汚物が入ったままの状態で、マセレーターに投入するだけです。


従来





その際も、汚染された状態のPPEをつけたまま操作ができるように、動作開始のスタートボタンなどはありません。


最初から最後までフットペダルのみで操作を行うため、マセレーターの表面(スイッチ部位など)が細菌の温床になることを軽減できます。


従来






▼マセレーターの使用イメージ




▲ページ上部へ戻る



マセレーターのメリットは?


最大のメリットは、作業工程が大幅に簡素化することです。





従来の洗浄方法は作業工程が多く、「正しい手順・正しい時間」を遵守しなければ、十分な洗浄効果が発揮されませんでした。


従来





しかし、マセレーターの導入により作業工程が”使用後にそのまま廃棄する”だけで簡素化することで、様々なメリットも期待できます。


導入後





  • 作業工程の簡素化で期待できること


  1. スタッフ教育の円滑化

  2. 作業工程が多く細かな決まり事が存在する従来の洗浄方法では、スタッフ全員が同じように実施することが難しく、作業工程が飛ばされたり、徐々に誤った方法が普及してしまうことも少なくありません。


    英国





    マセレーターを導入後には、作業工程が大幅に削減されるため、スタッフ全員が同じように作業しやすくなるメリットがあります。


    英国





    マセレーターに投入してはいけないものとして「針」や「不溶性の紙類」などがありますが、なぜ入れてはいけないのか想像しやすいものばかりですので、スタッフへの周知もしやすいかと思います。






    ▼ポスターで見える化

    英国





  3. 間接業務の軽減

  4. 従来の方法では、作業にかかる手間が大きく、汚物処理業務をはじめとした間接業務に追われることが多くありました。






    しかし、マセレーターの導入によって間接業務のひとつである「汚物処理業務」の手間を軽減することで、患者様への直接業務に充てられる時間を確保することができます。





    また、日々の補充や清掃業務も簡易化したため、より多くの時間を創り出すことが予想できます。






  5. 作業時間の短縮

  6. 用手洗浄では、洗浄~浸漬の時間が30分前後で拘束時間が非常に長く、機械洗浄の場合も洗浄待ちの時間や設置の手間、その後の乾燥行為を考えると数分~数十分ほどの拘束時間がありました。


    英国





    マセレーターの作動時間は約2分。一度に2~4個の紙製汚物処理容器が粉砕でき、洗浄や乾燥の手間がないため、作業時間の大幅な削減が期待できます。


    英国





  7. 患者様の安心感が増大

  8. シングルユース(ディスポーザブル)製のため、1個ごとに患者様専用の容器としてお使いいただけます。患者様に「自分だけのもの」という安心感を持っていただくことができ、より良いケアを提供することができます。


    英国





英国



▲ページ上部へ戻る



マセレーターQUATTRO


QUATTRO”は、松吉医科器械株式会社と販売契約を結んでいる英国のヘーグエンジニアリグ社製のマセレーターです。

スタイリッシュなフォルムかつ清潔感のある見た目が印象的な新設計モデルがとうとう日本に上陸しました。





ヘーグエンジニアリング社って?


本社を英国のRoss-On-Wayに置き、70年ほど前から業務用のマセレーターを製造してきました。



▼ヘーグエンジニアリング社の歴史

HAIGH説明



▼ヘーグエンジニアリング社の様子






日本ではまだほとんど導入されていないですが、海外での導入実績は多いマセレーター。

ヘーグエンジニアリング社のマセレーターは世界中から愛されており、特に英国内では市場をほぼ二分するほどの大人気製品になります。


英国





QUATTROの特長


耐水性





  1. 超微細マセレーション

  2. 市場で最も微細な粉砕が行えるマセレーターです。

    本体内部に設置された鋭利なブレードが1秒間に280回の高速回転をすることによって、紙製汚物処理容器を5㎜以下に粉砕し、スムーズな排水を実現します。






  3. 表面抗菌コーティング

  4. 清拭のしやすい凹凸が少ないボディで、日常の清掃も考慮されたデザインになっています。


    耐水性





  5. 大容量かつコンパクト設計

  6. 他社製品と同等の処理能力を持ちながらも、横幅・奥行・高さすべてにおいて、もっともコンパクトな設計を実現。

    フォルム

    特に高さにおいては、医療従事者の安全性と使いやすさを考慮し、人間工学に基づいた低めの高さに設計されています。





  7. スムーズな排水


粉砕物の大きさが、業界最小の5㎜以下であるため、排水もスムーズに行われます。


排水





先ほど、まだ日本ではほとんど使用されていないものたちとご紹介しました。


しかし、諸外国…特に「英国」の病院では、この紙製の汚物処理容器と専用粉砕機「マセレーター」、実は約40年以上前から90%以上の病院で使用されている汚物処理方法です。


導入90%


もちろん他国と日本では、倫理も習慣も全くちがいます。


しかし、各国での導入事例をもとに日本に合った運用方法を検討していくことで、汚物処理業務は次のステージへ移行し、より便利で有益なシステムが構築されるのではないでしょうか?


機械洗浄が日本に導入されたときも、きっとそうだったはずです…。





国から医療現場の働き方改革が進められる中で、業務改善がキーワードとなっているこれらの製品の需要はどんどん高まっていきそうですね!





英国



▲ページ上部へ戻る



新しい汚物処理ソリューション


私は松吉医科器械に入ってから、様々な製品や新しいアイデアに触れてきました。


その中で、これまで自分が当たり前だと思っていたやり方や製品も、日々進化し、より便利なシステムが開発・発掘されているのだと気付かされます。





汚物処理業務も、機械洗浄が当たり前、むしろ用手洗浄よりも楽なので「これが一番いいんだ」と思い込んでいました。


その中で、マセレーターが参入し今後普及していく光景は、まさに「汚物処理業務の第4次革命」といっても過言ではないと感じています。


歴史





紙製汚物処理容器もマセレーターも、メリットだけではありません。


まずは、「新しいシステム」について、弊社営業からご提案させていただけませんでしょうか?


各病院・施設様に合ったご提案を必ずさせていただきます。


ぜひ、下記のリンクよりお気軽にお問い合わせください!


英国





▼松吉医科器械㈱営業担当者の声


耐性菌の問題もある中で、感染予防は”言わずもがな”ですが、僕は何よりも看護師さんの間接業務を軽減したいと思っています。

現在、営業に行かせていただいている病院様にもこの処理方法には大変共感をいただいております。

とは言え、本邦ではまだ一般的ではないため、ご検討中の皆様も不安を感じられているかと思います。

まずは、メリットだけではなくデメリットもしっかりお伝えさせていただいた後にご評価いただきたいです。

ぜひ、貴院様でご検証いただけますと幸いです。お気軽にお問い合わせください!





▼ヘーグエンジニアリング社員の声


日本の皆さんこんにちは。ヘーグエンジニアリング社 国際ビジネス開発マネージャーのDavid Meekです。

マセレーターは日本では新しいコンセプトの製品のようですが、イギリスでは数十年前から普及している画期的なシステムです。

中でも、HAIGHのマセレーターは非常に高い品質を誇っており、多くの病院様からご支持いただいています。

今回、日本に来て松吉のみなさんにマセレーターシステムのレクチャーをしました。ぜひ、安心してご使用くださいね!





英国



▲ページ上部へ戻る


執筆者






第103回国家試験にて看護師資格を取得。HCU(ハイケアユニット)などで約5年間の実務経験ののち、松吉医科器械㈱に入職。

”製品に 現場目線 をトッピングすることで、より明確な情報を伝えていきたい”をモットーに、
SNSや製品動画、特集記事などをはじめとしたマーケティング業務に携わっている。